医療法人 真眼会 やまもと眼科

名古屋市西区で白内障、緑内障、オルソケラトロジー、その他目の治療はやまもと眼科へ!

医院案内

医院案内

〒451-0072
愛知県名古屋市
西区笠取町4丁目88

TEL:052-528-5221

駐車場有り(18台)

 

HOME»  設備紹介・院内写真

設備紹介

白内障治療

IOLマスター

IOLマスター

 

IOLマスターは患者様に負担をかけない眼の測定機器になります。白内障手術では濁った水晶体を取り除いて「眼内レンズ」という人工水晶体を入れます。IOLマスターの導入により、患者様の眼に合った眼内レンズの度数を決めるための検査が、正確に、眼に触れることなく行うことが可能になりました。

 

超音波白内障手術システム インフィニティ OZil IP

超音波白内障手術システム インフィニティ OZil IP

 

最新の白内障手術装置を導入しました。
超音波で濁った水晶体を砕いて吸引します。安全確保が容易で低侵襲な効率性の高い白内障手術システムになります。

 

緑内障治療

自動視野計HFA740

自動視野計HFA740

 

早期発見・早期診断が行えるハンフリー自動視野計です。コンピュータにより一定のプログラムで行われるため、信頼性の高い客観的な検査結果を得ることができ、種々の眼疾患の診断補助や経過観察に役立ちます。

 

アイケア手持眼圧計 TA01

アイケア手持眼圧計 TA01

 

今までの接触式眼圧測定では点眼麻酔を必要としましたが、アイケア手持眼圧計では点眼麻酔なしで眼圧を測定することができます。眼圧の高い方や、緑内障の方へ有用です。

 

ハンフリーFDTスクリーナー

ハンフリーFDTスクリーナー

 

この検査機器は2~3分の時間で、より早期に緑内障の視野異常を見つけることができます。

 

その他検査に使用する医療機器

網膜断層解析装置 OCT

網膜断層解析装置 OCT

 

OCT(光干渉断層計)検査とは、網膜の断層画像を撮影する検査です。OCT検査は、診察だけでは分かりにくい網膜の状態を明らかにし、網膜疾患に対する治療方針の決定や、治療効果の判定に役立てることができます。

 

角膜形状解析検査

角膜形状解析検査

 

こ角膜(黒目)の凹凸を地図の等高線(カラーコードマップ)のように描き出して調べる検査です。
角膜の形の異常(円錐角膜、翼状片など)の発見やコンタクトレンズ処方、白内障治療などの各手術の経過観察に大変有用な最新の装置となります。

 

角膜形状解析検査

 

カラーコードマップでは、真中やや下方に暖色化した領域を描きます。これは、角膜の表面下方が突出していることを意味します。

 

無散瞳眼底カメラ

無散瞳眼底カメラ

 

目の奥(眼底)を検査するカメラです。糖尿病網膜症や加齢黄班変性などの眼底疾患に使用します。実際に撮影した眼底写真をモニターで観ながら、病状の説明をするのに有用です。病気の程度や進行度を把握するために、薬剤を注射して血液の循環を調べる検査(蛍光眼底造影)にも使用します。

 

角膜内皮撮影・解析装置

角膜内皮撮影・解析装置

 

当院では、角膜内皮細胞撮影を行っています。

角膜(くろめ)の内側の「角膜内皮」という細胞を撮影し、細胞数を数えます。
年齢や病気により内皮細胞の数は減っていきますので、この結果を見ることで 角膜の健康状態を確認できます。

 

レーザー光凝固装置

レーザー光凝固装置

 

最先端・最新鋭のレーザー光凝固装置ピュアイエロー・レーザー光凝固装置IQ577を導入しました。

光凝固装置とは、眼底にある「網膜」にレーザーを照射することにより、病気の進行を抑制したり、治療を行う装置です。
 

より安全な光凝固
  治療光である「イエローレーザー光」は、網膜の中心部である、
黄斑部付近の治療においても、安全に行える最適な波長です。
痛みが少なく、治療を短時間に
  自動で、すばやいレーザー照射により、
従来器よりも治療時間を短く、痛みの少ない治療を実現します。
さらなる治療
  視力に大きな影響を与える黄斑部の疾患に、糖尿病黄斑浮腫があります。この機種を使用したマイクロパルス閾値下凝固では、糖尿病黄斑浮腫などを従来よりも安全に治療可能です。

 

眼科用パルスレーザ手術装置

眼科用パルスレーザ手術装置

 

緑内障の病型の中でも多い、原発開放隅角緑内障の患者さんの眼圧を下げる最新のレーザ治療です。
従来のレーザ治療と比べてエネルギー密度が低いため安全で低浸襲です。

 

波面センサー ウェーブフロントアナライザー KR-1W

KR-1W

 

最新鋭の波面センサー、ウェーブフロントアナライザー KR-1Wを導入しました。
波面センサーとは、従来のオートケラトレフラクトメーターではできない検査が行えます。
白内障、レーシック、角膜疾患などの治療をより適切に行うために、見えづらさの原因を検査するための器械です。

目がかすむ、視力が低下する、光をまぶしく感じる、暗い時と明るい時で見え方が違う、などの原因は収差とよばれ、この器械で検査することができます。

 

院内写真

院内写真

 

院内写真

 

院内写真

 

院内写真

 

診察室

 

院内写真

 

1階処置室

 

2階手術室

 

2階処置室

 

 

■診療時間 日・祝
午前 9:00~12:00
(受付 8:30)
午後16:30~19:00
(受付 16:00)
× ×

 

お問い合わせ

ご予約はお電話にて受け付けます。