医療法人 真眼会 やまもと眼科

名古屋市西区で白内障、緑内障、オルソケラトロジー、その他目の治療はやまもと眼科へ!

医院案内

医院案内

〒451-0072
愛知県名古屋市
西区笠取町4丁目88

TEL:052-528-5221

駐車場有り(18台)

 

HOME»  緑内障

緑内障

緑内障治療について

緑内障治療について

 

緑内障とは・・
緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が欠けていく病気です。自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していき、放っておくと失明する恐れがあります。
一度失った視野は元に戻すことができないため、早期発見、早期治療が大切です。

 

視野が欠けていくイメージ(右目)

視野が欠けていくイメージ(右目)

 

40歳以上の20人に1人が緑内障!~視覚障害原因の第一位~

最近の調査で40歳以上の20人に1人が緑内障であることが分かりました。
その中でも眼圧が正常範囲にあるにもかかわらず、視野が欠けていく正常眼圧緑内障(NTG)が、 日本人に最も多い緑内障であることが分かり、注目されています。
緑内障は自分では気がつきにくいため、約90%の方が治療を開始していません。
40歳を超えたら年に一度は、眼科専門医で検診を受けることをオススメします。

正常眼圧緑内障(NTG)について詳しくお知りになりたい方は
ファイザー製薬のホームページへ

 

40歳以上の20人に1人が緑内障!~視覚障害原因の第一位~

 

検査について

眼圧検査 目に空気や器具をあてて圧力を測定します。
眼底検査 眼の奥にある視神経の状態を観察します。
視野検査 視野が欠けている範囲や程度を調べます。

 

どれも簡単に行える検査です。お気軽にご相談ください!

 

治療法について

緑内障の治療の目的は、病気がそれ以上進まないようにすることです。そのために、眼圧を低くコントロールするという治療が行なわれます。
通常目薬で治療します。目薬だけではうまくコントロールできない場合は、レーザー治療や手術を行います。

 

 

■診療時間 日・祝
午前 9:00~12:00
(受付 8:30)
午後16:30~19:00
(受付 16:00)
× ×

 

お問い合わせ

ご予約はお電話にて受け付けます。